東京の空港から大阪へ、最適な移動方法

日本の2大都市といえば東京と大阪で、観光客にも人気がある素晴らしい場所でもあります。首都・東京は最も人気のある都市の一つであり、大阪は魅力的なナイトライフが楽しめる美しい近代都市です。日本ではギャンブルが違法ですが、大阪はカジノを含む統合型リゾートを誘致している有力候補地の1つです。また、ギャンブルの一種である「パチンコ」の存在もよく知られています。東京 – 大阪間は交通の便が良いため、移動方法として多くの選択肢から選ぶことができます。ここでは、最適な移動手段をいくつかご紹介します。

 

新幹線

  1. 新幹線最も速く大阪に行く方法は新幹線を利用することで、「ジャパン・レール・パス」を利用できます。また、新幹線は最も安く移動できる方法でもあります。乗車時間は2、3時間ほどで乗り換えはありません。所要時間は最も速いのが 「のぞみ」 で、わずか2時間30分。「ひかり」 が3時間、 「こだま」 の場合は4時間かかります。料金は繁忙期で片道14,920円前後、閑散期はそれより数百円安くなります。
  2. 飛行機–東京から大阪への移動には飛行機に乗るという選択肢もあります。しかし、羽田空港または成田空港のいずれかに移動する必要があるためやや複雑になります。フライト時間は通常1時間半ほどです。しかし、実際はさらに時間がかかる場合があります。羽田または成田空港での乗り換えに時間がかかり、さらに保安検査を通過するのに時間がかかるからです。そのため、東京 – 大阪間の移動に飛行機を利用するのは最良の選択肢とはいえません。しかも、料金は12,000円から3万円かかります。

高速バス

 

  1. 高速バス–東京 – 大阪間の距離は約400km(247マイル)あり、高速バスを利用すると6~10時間かかります。料金は2,000円から1万円で、複数のバス会社が運行しています。最もお勧めなのは高速バスの「ウィラー・エクスプレス」です。夜行バスを利用すれば、移動時間が短くて済み、夜間に出発して朝早く大阪に到着することができます。
  2. 車で移動–車を運転して大阪まで移動することもできます。道路の混み具合にもよりますが、5時間から6時間ほどかかります。中央自動車道または東名高速道路を利用することができ、料金は1万円前後です。レンタカー代、燃料代、通行料金もかかります。